まーん

マーン指数とは、1970年代にカルフォルニア大学客員教授ティンカー・マーン氏が唱えた統計指数の一つである。
現在ではSNSや配信サイト等で重用されるが、本来はラジオやTV等といった媒体における新規需要増加率を計算する手段として考えられた。
簡潔に言えば、既存の顧客しか認識し得ない情報を与え、新規の顧客との情報格差を作る。そして、その情報格差の%をアンケート等によって得るというものである。
CIA等がスパイ率を求める際にも使用されている。



ぜんじろうが上記を知って使用しているのかは不明である。




  • 最終更新:2016-02-05 16:29:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード